FC2ブログ

「ワンダーフェスティバル2017夏」に行って来ました

今回のワンフェスは最初の行列待機中の暑さを覚悟しておりましたが、(雨がほんのちょっとだけ降りましたが)傘を差さなくてよいギリギリの曇り模様の天気でした。そのため前回と比べて体力的にはかなり楽で助かりました。
しかし物凄い行列は相変わらずでした(笑)。


WF 2017夏 1
これはかなりインパクトありました水木しげる先生の描いたイラストより「妖怪飛行船 巨鯨号」。ボディ下部のグラデーション塗装が美しい。そしてさらに下のメカニック部の歯車などの作り込みも抜かりありません。


WF 2017夏 3
ペーパークラフトのX(エックス)ボンバーより「ビッグダイX(エックス)」。デカイ!そしてこの再現度の高さ!そしてこのアイテムをチョイスするマニアックさ(笑)。素晴らしいです!永井豪先生原作ということは意外と知られていないかもしれません。


WF 2017夏 2
実物はかなり小さいのですが、その作り込みは凄いの一言です。一番左の真っ白い状態から右側のような塗装スキルを生かしていくのですね。個人的に右から2番目の妖精?がお気に入りです。


WF 2017夏 4
今回のWSC(ワンダーショウケース)に抜擢されたクッカ氏のオリジナルメカの一つ。ピンボケしてしまってスミマセン。デザインセンスもさることながら、工作精度が素晴らしいのです。一つ一つのパーツに隙が全くありません。お見事です!


WF 2017夏 5
デモンズソウより「火防女(ひもりめ)」。フロムのゲームキャラはやはりマニアに人気があります。そして写真が下手なせいでわかりにくいのですが、作り込み、出来栄えも惚れ惚れする物ばかりです。


WF 2017夏 6
オリジナルメカでしょうか?デカくて凄いインパクトでした。こんなに面構成が複雑でパーツ数が多いと製作はさぞ大変だったと思います。特にこの物体としての「重さ」を感じさせる塗装が良いです。


WF 2017夏 7
「マシーネン・クリーガー」も相変わらず根強い人気です。そしてこちらのブースの大物2体の凄さにブッ飛びました。なんてカッコ良いんだ!!昔ながらのストップモーション撮影で映画を撮って欲しいくらいですよ(笑)。


WF 2017夏 8
これは有名な童話を絵本から飛び出したように見える立体オブジェとした物ですが(手前は不思議の国のアリス)、そのディフォルメセンス、造形センスも凄いのになんと裏面は全く違シーンと繋がっています。つまり1周するとその物語のストーリーが判るように構成されているのです。しかも表から見た時に屋根だったのが裏から見ると帽子だったりして造形的に破綻無く繋げてあるのです。
この計算しつくされた感は是非実物を見てもらいたくなります。素晴らしい!次はスターウォーズとか出して欲しいですね。


WF 2017夏 9
ワンフェスではここしばらく、有名なシューティングゲームの自機のガレキをよく目にするようになっていますがなんとこれはナムコのボスコニアンの続編「ブラストオフ」の自機「マイシップ」!よくまぁこんなマイナー?な作品をチョイスされたものです。そしてこんなにカッコ良かったのかこの機体(笑)。


WF 2017夏 10
横幅60cm以上もある大きな額の中に独自の世界観が詰め込まれた造形です。AT-ATのようにゆっくりノシノシと歩いている情景が浮かんできます。奥側に照明など無く、真っ暗なのも雰囲気作りに一役買っていると思います。


WF 2017夏 11
最近はワンフェスにもオリジナル時計のブースがちょくちょく出展されるようになって来ました。既成の枠に収まらない、造形魂全快のこんな形状の時計も時計好きな自分としては見ていて楽しいです。


WF 2017夏 12
やりたい放題ですごく面白かった「じょしらく」よりEDディフォルメバージョンの5人娘。それぞれの顔の特徴(目の大きさや形、口元の表情など)をよく捉えていて、髪のない未塗装の頭だけの状態でも一目で区別が着くのではないかと思います。


WF 2017夏 14
名作シューティングゲーム、ファンタジーゾーンの「オパオパ」。とても良く出来ています。この「プラモブロック」というのは知りませんでしたが、最近良く見る「ナノブロック」よりも一つ一つのブロックがさらに小さい感じです。元がドット絵であるモチーフを立体再現するには最高の素材ではないでしょうか。ただ、大作となると物凄い根気が必要かと。


続きます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんどろ 

Author:あんどろ 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR